治療メニュー

目の下のくま

目の下のくまの成り立ちは、実に様々です。いちばん多いのが“くぼみによる影がくまに見える”というものです。このくぼみは、眼窩(がんか)脂肪と言われる目のまわりにあって目を保護している脂肪が前方にでてきてしまっているため、もしくは眼窩脂肪はそのままでもそれを支える頬が年齢とともに下方に落ちてきて、眼窩脂肪が目立つようになるためです。影は、いくらメイクしても隠すことができないので、医療的な治療が必要となります。

このような症状は、20代の方もいらっしゃいますが、年齢とともに頬の位置も下がってくると余計にくぼみが目立つことが多く、この部位を治療するだけでくまが改善するだけでなく、全体に若返った印象にすることができます。

治療法としては、ヒアルロン酸コラーゲンをくぼみに注射してふっくらさせる方法がベストです。

この部位は、入れ過ぎるといわゆる“注射顔”になってしまうので、適度な量にすることが大切です。

次に、目の下の血流が悪く、うっ血した血液が薄い皮膚から透けて黒く見える場合もくまの原因となります。これは、血流を改善することが大切です。目を酷使した後で疲れが溜まっている時は、温かいタオルを目にあてたり、ゆっくりお風呂に入るのも効果的ですが、医療的に改善させるには、ジェネシスなど血行改善効果のあるレーザーを定期的にあてるのも良い方法です。

くぼみではなく、皮膚全体が黒ずんでしまっている方は、注射の治療ではなく、スキンケアの治療が第一選択となります。黒ずみの原因としては物理的な刺激によるものが多く、目をこするクセのある方、アトピー体質の方など摩擦によって皮膚が黒くなってしまいます。

これは治すのに非常に難渋しますが、まずは、皮膚をこするクセがないか見直してみましょう。また、保湿を心がけることも大切です。

症例写真

目の下のくま

  • 施術前
  • 施術後

20代 女性

若くても目の下にくまがある方はいらっしゃいます。この方の場合、コラーゲン注入で治療しました。くすみ感がとれて疲れた雰囲気が改善されています。

お問い合せはこちらから 麻布ビューティクリニック 03-6400-5511 営業時間 10:00~17:00
  • アクセス
  • 初診のご予約
  • 再診のご予約
  • お問い合わせ
ページの先頭へ