治療メニュー

ベビーコラーゲン療法とは

赤ちゃんの肌に豊富に含まれているⅢ型コラーゲンを豊富に含有させた製剤を使用する注入施術です。
主成分であるⅢ型コラーゲンには小じわを改善するだけでなく、肌を活性化させ保水力や柔軟性を高める効果があるため、アンチエイジングにも効果的です。

赤ちゃん肌には科学的根拠があります

赤ちゃんと大人の皮膚を比べると、構成しているコラーゲンの種類が違います。みずみずしい赤ちゃん肌には、【Ⅲ型コラーゲン】と呼ばれる種類のコラーゲンが非常に多く含まれることが研究で明らかにされました。

年々減り続ける赤ちゃん肌の素

大気汚染物質や紫外線などの多くの外的要因にさらされて、年々トラブルが増える私達のお肌ですが、傷を治す力を高めるⅢ型コラーゲンの保有率は25歳前後から急激に減少し始めます。大人になると、その保有率は赤ちゃんの1/5程度と言われています。

適応の症状

  • 1. 目元のトラブル
  • 2. 細かいシワ・ちりめんじわ・浅いシワ
  • 3. 刻まれジワ
  • 4. 皮膚が薄い方
  • 5. ヒアルロン酸が膨らんでしまう方
  • 6. 青・茶色にくすんだくま

施術可能部位

1:
額の刻まれたしわ
2:
眉間の刻まれたしわ
3:
目の上のくぼみ
4:
目の下の小じわ
5:
目の下のくま、くぼみ
6:
法令線の小じわ
7:
口周りの小じわ

目元のくぼみ

目元は顔のパーツで最も注目を集める部位であり、最もお悩みが多い部位でもあります。肌質・へこみ・影・小ジワ・色味すべてに対応できるコラーゲンは、目元の治療に非常に適した製剤です。

細かいシワ・ちりめんじわ・浅いシワ

ベビーコラーゲンは、表面の細かいしわ一本一本に注入していくことができる製剤です。製剤成分の半分を占めるⅢ型コラーゲンが肌質自体も改善していくため、小じわが入りにくいお肌に近づけます。

刻まれじわ

刻まれじわとは、表情を作らなくてもすでに入っているしわのこと。一般的に、一度刻まれたら自然になくなることはありません。これ以上深くなる前に、内側から持ち上げる処置が必要です。適応部位は幅広く、眉間、額、目尻、首のしわなどにも使用できます。

皮膚が薄い方

皮膚が薄い方に起きやすい注入治療のトラブルのひとつに、注入したヒアルロン酸が水を含み、ヒアルロン酸特有の青みがすけて見える“チンダル現象”があります。ベビーコラーゲンではそのようなトラブルが起きないため、デリケートなお肌の方におすすめな施術です。

ヒアルロン酸できれいに仕上がらない方

水を保持して膨らむ特性を利用して、足りないボリュームを補うのがヒアルロン酸注入療法ですが、膨らみ方は千差万別。繊細な目元は少しの凹凸でイメージが変わってしまう箇所ですので、膨らむことのないベビーコラーゲンを使用することで、より満足度の高いきれいなお目元に仕上げることができます。

青・茶色にくすんだくま

ベビーコラーゲンは、製剤自体が乳白色の柔らかい色味をしています。それをくすんだ目元に注入すると、ベビーコラーゲン自体の色味によってハイライトをのせたような明るさになり、お顔が明るい印象になります。さらにⅢ型コラーゲンの効果でお目元にはりが出て、お目元の元気を取り戻します。

注入専門・麻布ビューティクリニックの5つのポイント

  • 1. 開院当時からコラーゲン療法に着目。従来の製剤からベビーコラーゲンに至るまで、圧倒的な症例数
       自信があります。
  • 2. 「ベビーコラーゲンの良さを知っていただきたい。」その一心で手の届きやすい価格にてご提供することを
       心がけています。
  • 3. 臨床経験15年以上の女医のみが在籍。注入を専門とした女性医師団によって、あなたのお顔に合った最適
       な治療を実施いたします。
  • 4. 完全個室のプライベート空間で、ドクター自らきめ細やかなカウンセリングをさせていただきます。
  • 5. 初診料・再診料・針代・麻酔代、すべて無料。いただくのはベビーコラーゲンの製剤料金のみ。
       余計な課金はございません。

症例写真

  • 施術前
  • 施術後

よくあるご質問

ベビーコラーゲンとヒアルロン酸の違いは?
成分が全く異なります。
ベビーコラーゲン製剤も、ヒアルロン酸と同じようにお肌に直接注入します。しかし、その内容成分が全く違うため、その特徴も全く違います。最も大きな違いは、生体内で分解される過程において、ヒアルロン酸は吸収されてなくなってしまいますが、ベビーコラーゲンは皮膚の栄養素となることです。注入部位にハリとふっくら感をあたえることができます。ベビーコラーゲンは肌なじみが非常に良く注入後の凹凸が少ないため、これまでヒアルロン酸でキレイに仕上げるのが難しかった目元、口元といった表面の小じわの治療に適しています。
ベビーコラーゲンのデメリットは?
ベビーコラーゲンはトラブルが少ない製剤の1つです。
ヒアルロン酸で起きやすいトラブルの一つであるチンダル現象(注入部位が青みがかって見える現象)は、コラーゲンでは起きません。むしろ乳白色の色味がお目元の色味を明るく見せ、元気な印象のお目元にします。
そして、ヒアルロン酸と違い、水を含んで膨らむことがありません。これまでヒアルロン酸が膨らみすぎてしまった経験のある方、むくみやすい体質の方にも適した製剤です。
さらに、Ⅲ型コラーゲンの持つ高い傷再生能力が針跡の修復を促すため、術後のダウンタイムを軽減します。
このように、さまざまな角度から見ても、ベビーコラーゲン製剤はトラブルが少なく繊細な施術に向いています。
ベビーコラーゲンの安全性は?
ヒト由来でアレルギーを起こしにくいです。
ベビーコラーゲン製剤は、ヒト由来で生成されており、従来の動物由来のものに比べてアレルギー発症リスクが低く、パッチテストも必要ありません。局所麻酔が含有されているので痛みが少ないのも特徴の1つです。
効果の持続期間は?
一般的には半年から一年と言われています。
ベビーコラーゲンの持続期間は一般的には半年から一年と言われていますが、初回の方ですと、もう少し早くなくなる印象を当院は持っています。それは、治療のためにご来院されるときにはすでにお目元のコラーゲン繊維が加齢によってかなり減少してしまっているため、Ⅲ型コラーゲンを補充すると速やかに反応し、足りないコラーゲン繊維の修復作業が開始されるためだと考えています。
その過程において、ベビーコラーゲンが肌本来のコラーゲンの新生を促すため、肌自体にハリや艶感が生まれます。注入を繰り返すごとに少しずつ効果の持続期間が長くなるのは、自分自身の目元のコラーゲンが十分に生み出されているためだと考えています。
このように、ベビーコラーゲンは繰り返していけばいくほど、仕上がり後の満足度が長持ちしやすくなる特徴があります。
施術当日は腫れますか?
全く腫れないわけではございませんが、目立たない方が多いです。
注入をした当日は、針刺激やベビーコラーゲンを皮膚になじませる刺激によって注入部位が腫れていることがあります。内出血をした場合は、それが原因の腫れも加わります。翌日は、刺激による腫れが引くため、やや落ち着いた印象になります。
施術後に膨らんだりしますか?
膨らみません。注入した時が最もボリュームがある状態です。
ベビーコラーゲンは、ヒアルロン酸と違い水を吸収して膨らむようなことはありません。治療当日が最も腫れている状態と言えます。翌日、針やマッサージによる物理的刺激が落ち着き10%ほどボリュームダウンします。当院では、注入専門クリニックとして多くの症例を診察してきた実績から、翌日のボリュームダウンも加味しながら、適切な量を適切な部位に注入していきます。
『数日後の形が、自分にとってベストなものか診察してほしい』。そのようなご要望にお答えするために、当院ではベビーコラーゲンの仕上がりチェックには再診料など一切かかりません。追加施術をご希望の場合でも、針や麻酔はいつでも無料。追加製剤の代金のみでけっこうです。
施術後の注意事項はありますか?
お化粧を2時間ほど避けていただく。それだけです。
ベビーコラーゲンを注入した針穴から感染を起こした場合、お薬等で対処が可能なものの、せっかくのお目元の印象が台無しになってしまいます。無用な不安を取り除くためにも、当日は2時間程度お化粧を避けて清潔な状態を保っていただくようお願いしております。
内出血等を起こした場合も、2時間は何も塗らない状態でお過ごしいただきます。
ご入用の方には、当院にてマスクを無料でご提供しております。
お問い合せはこちらから 麻布ビューティクリニック info@abcsalon.co.jp 03-6400-5511 営業時間 10:00~17:00
  • アクセス
  • 初診のご予約
  • 再診のご予約
  • お問い合わせ
ページの先頭へ